世界経済評論IMPACT(世界経済評論インパクト)

No.1780
世界経済評論IMPACT No.1780

ヒラリーの米国乗っ取り作戦

吉川圭一

(Global Issues Institute CEO)

2020.06.22

 6月9日に行われたジョージア州での予備選挙ではコロナ対策もあって大混雑した。ますます郵送投票拡大を期待する声があるが既に郵送投票は,かなり行われていて,そのため投票所が減らされたのが混雑の原因。悪意で解釈すると郵送投票を拡大するための民主党の陰謀では? それと投票集計装置の不具合も混雑に拍車を掛けたようだ。

 その投票集計装置を作った会社Dominion Voting Systemsは何とクリントン財団と関係あった! 2014年から途上国の「投票による民主制」支援を理由に同財団から補助金等をもらっている。

 そもそも今年最初のアイオワ党員集会も投票用アプリの不具合により混乱した。この投票用アプリを作った会社シャドー社の幹部達は,ヒラリーの関係者なのだ。この会社の親会社的な存在でワシントンの同じ住所にある公益法人アクロニウムは,トランプ落選運動のためと称して,既に数千万ドルを集めている。そしてアクロニウムの代表者は,ブティジェッジの関係者と結婚している。

 この段階では中道派の候補者を増やし,せめてサンダースに予備選で代議員の過半数を取らせないための,ヒラリーの作戦だったのかも知れない。

 米国の医療費の3割以上が医療関係業界の不当な利潤になっている。それらがヒラリーやオバマの政治資金になっているという噂はワシントンでは執拗にささやかれている。もしサンダースの公約「全ての人にメディケアを!」が実現したら,民営医療保険会社や製薬会社が儲からなくなり,ヒラリーにカネが入らなくなる。

 そこでサンダースではなくバイデンを大統領候補にするためヒラリーが彼のために投票集計アプリの不正までしたのではないか?

 ではバイデンが6月2日の予備選挙で民主党代議員の過半数を制し大統領候補の立場を確立した後に,ジョージアで混乱を起こした理由は何か? それは11月の本選で大規模に郵送投票を実現するためではないか?

 コロナ問題があるため投票を郵送で行おうという動きが米国内では民主党を中心に活発である。しかし,それは途中で不正が行われるのではないかとして,トランプは大反対なのである。

 国土の広い米国では郵送投票は既に多くの州で行われている。そしてトランプのような心配を無くすためにバーコードによる本人確認等も行われている。そのため州によっては郵送投票は非常に複雑な手続きがいる。民主党を支持する貧しくて学校に行けなかった移民のような人には難しい。トランプは「貧しい白人」に支持されたと言われているが,それでも高校や短大くらいは出ている。

 実際コロナ問題のお陰で今年に入ってから幾つかの補欠選挙で郵送投票を行なってみたが,むしろ共和党に有利だった。

 トランプが心配しているのは戸籍のない米国では長く同じ場所に住んでいると選挙権のない不法移民でも有権者名簿に載っていたりする。

 民主党の重要な支持者(?)は選挙権がないのにあると見せかけている不法移民。彼らも郵送投票の方が投票し易い場合もある。だがコロナ対策予算の中に郵送投票補助金も民主党の主張で入れられてしまった。

 多くの共和党員は郵送投票が欺瞞の可能性を高める証拠として,この不法移民等が有権者名簿に載っている問題を指摘。カリフォルニア州では有権者からボランティアまたは投票者が不在投票用紙を集める。

 例えばカリフォルニアの自動有権者登録と不法外国人への運転免許提供が相まって多数の選挙詐欺が行われる可能性が高い。ロサンゼルス郡の有権者数は,有資格投票年齢の市民よりも約150万人多い。

 しかもカリフォルニアその他の州で投票用紙を収集する慣行により,投票用紙を収集する人は有権者登録の必要がなく,有権者の本人証明も必要もないため州は投票用紙の追跡が出来ない。

 この有権者名簿の不整備その他を,そのような民主党の投票支援ボランティアのような人々に利用されないか?—ということが共和党の不安材料なのである。特に激戦州ほど州政府が民主党のケースが多いので尚更である。

 もちろん郵便局の労組が途中で投票用紙入りの封筒を捨ててしまったりするかも知れないという問題もある。そこでトランプは自分の親しい友人を米国郵政公社の最高責任者にしたりもしている。

 一部の共和党は有権者が積極的に要求しなければならない郵送不在者投票と全ての有権者に自動的に郵送される全郵便選挙を区別している。アイオワ州務長官ペイトはコロナによる不在者投票を奨励しており,有権者は不在者投票用紙要請にIDを提供する必要があると指摘。

 また民主党が目論んでいる郵送投票支援ボランティアのようなものを厳しく禁じることも重要だろう。これで不正に有権者名簿に載っている不法移民に民主党に投票させること等は難しくなり,むしろ郵送投票は広大な農村地帯等に支持者が多いトランプに有利になる。

 実際,2016年には郵送投票は共和党に有利と考えられていた。有権者の確認が出来ると移民票に頼る民主党に不利だからである。だから今年はコロナ関係で郵送投票は仕方ないとして有権者名簿を精密化することの方が共和党の恐れる不正投票の防止には重要ではないか?

(URL:http://www.world-economic-review.jp/impact/article1780.html)

関連記事

吉川圭一

国内

アングロアメリカ

最新のコラム